<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

季節限定労働契約について

私たちが属する菓子業界では、季節ごとのイベントつまりバレンタインやお中元お歳暮などにご注文が集中しその時期はたいへんな業務量になるわけです。
その際、その時だけ期間限定のアルバイト様、パート様および季節労働社員を季節限定で契約し、乗り切ったら契約終了するわけです。

会社の財務面から考えると効率的なわけです。
しかし、時給や報酬を通常よりアップしての契約ですから決して会社にとっても契約者皆様にとっても違法でもないし悪い事でもないわけです。

でも、この風潮に対し、会社と志を一緒にして楽しく必死に頑張れるか?と、自分に問いただしていると、目先の報酬は得られるわけですが、いつ切られるか?心配で楽しくないと思ったわけです。


そこで新杵堂グループでは、
 ●季節労働契約をせず仕事量などの要因で解雇したりせず通年雇用を守る
 ●各部門ごとに業務完了するために管理者と社員とで話し合い時間調整する
 ●所属部門業務に物足りない場合、社内で別部署の業務兼務要望を出せる
など、仲間にとって心配な事を極限までなくし、皆様が楽しく安心して働けるようにしていく事が大事であると考え実行いたします。

もちろん会社には負担がかかります。
しかし長期的な視野で人事戦略を考えると、大切な決断であると確信しています。
弊社幹部も同意してくれて、皆で意思を統一しこれからも進んでいく所存です。

弊社には、パート・アルバイト・社員などいろんな雇用携帯が存在します。
仲間皆でやっていく事が最も重要であるとも考えています。

つまり、会社が成長し繁栄した場合に、雇用形態に関わらずボーナス・固定給アップなどの何らかの報酬が勤務年数や貢献度や業務達成度に応じて支給がされるべきだと考え、こちらに関しても実行いたします。

会社として出来る事を誠意をもって最大限取り組んで実行していき、安心して働ける環境を継続的に安定的に提供し続ける事が新杵堂グループが成長しそして永続的に生き残っていくすべであるとも考え、危機感を皆で共有しやっていく。


新しい挑戦を果敢にしていくがゆえに、私が未熟が故に、苦しい困難がやってくるはずです。

こういった問題点を改善していく事で新杵堂グループ皆で総力戦で立ち向かっていける組織ができるんだと確信しているし、新杵堂グループの将来が楽しみでしかたがない。

※追記
 同業他社を非難しているわけではありません。
 私が関わる会社各社で頑張ってくれている皆様の心配事を改善していく事が私の使命ととらえ抜本的に変革していこうと決断し、実行させて戴く次第です。
 いつの日か、菓子業界が最高のフィールド!と皆様にご評価戴けるよう、残り少ない命を懸けて精進していきたいと決意しています。

 

新杵堂グループ 田口和寿 * 社長のひとりごと * 01:54 * comments(3) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 01:54 * - * -

コメント

管理者の承認待ちコメントです。
Comment by - @ 2013/09/09 10:19 PM
かおり様

皆様のおかげでたいへん貴重な晴れ舞台を戴き心から感謝申し上げます。
皆様にご信用戴けるような人間となり恩返しできるよう本日より心して菓子道に精進してまいります。
Comment by 新杵堂たぐち @ 2013/09/09 7:56 PM
いいとも見ました。優しそうで素敵な方に見えました。
御菓子食べてみたいです。
Comment by かおり @ 2013/09/09 12:38 PM
コメントする









トラックバック