<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

プロ

先日、
TV取材で
『プロってどういう定義だと考えますか?』
と聞かれ

常識に捕らわれることなく
誰もやったことのない新たな試みを
全力で成し遂げる
常識では考えられない
非常識がゆえ
雑音も大きく
そのプレッシャーは想像を絶する
それさえも
はけのけて
目に見える形のする事が
できる人


いまの

プロの
定義

もちろん私は
まだまだ
プロになれないどころか
入口にも立っていない

だけど
唯一
私が自慢できるのは
プロと
呼ばれるふさわしい方々に
サポートされているという事実

その理由は
わかりませんが
感謝すべてき事が
すごくある


本日は
大阪へ
それも車で
それも
日帰り
それも
たぶん
深夜帰社予定
たぶん
車中で
本部長との
MTGは
厳しいものになるだろうな


挑戦しなければ失敗はない
でも挑戦しなければ
美味しい菓子はできない

挑戦すればすればするほど
いろんな困難が
息も切らさず
やってくるような感覚

それを
一つ一つ
クリアーしてゆく。

みんなで。



今回の取組みに関して
いろんな業界のプロといわれる方々に
ご指導をあおいだ


ご意見がわかれた
本日
その決断を下さなければいけない


こういった決断の積み重ねが
プロへの第一歩かなと
37歳にして
いまさらながら
痛感する今日この頃





すべてが
終了した
深夜
いつもの
ホルモン炭焼店で
お茶で
乾杯予定

ほっ。


※よもぎが美味しい季節になってきましたね?贈ってみませんか?
新杵堂グループ 田口和寿 * 仲間との信頼関係 * 03:33 * comments(1) * trackbacks(0)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 03:33 * - * -

コメント

いつ拝見しても田口様は走っていますね。
誰でもできることではありません。
田口様の生き方に心から尊敬します。

私は、田口様がwww.shinkinedo.com を立ち上げたときと
同じ28歳です。今、自分の歩むべき道がどこにあるのか・・・
もがき真っ最中です。
親の会社を継ぐつもりで働き始めて3年。
目指す方向性に違いを感じ、社長である父親の仕事ぶりに
疑問を感じ始めています。

私は苦労も知らず育ち、自分を粗末に生きてきたため
今になって悔やむことが多々あったりします。

それでも今、私がいる状況は幸せなんだと言い聞かせながら、
周りに助けてもらいながら、仕事をし、子育てをしています。
愛娘がいるからこそ、自分の価値を知り、モチベーションを上げながら
仕事をしています。

新杵堂のHPを拝見させていただき、私が夢描いている
ことを実現している人がいるんだ・・・。と驚きました。
田口様のもとで勉強したら私の夢が叶うかもしれない。
と胸がときめきます☆☆☆

もう少し早く、田口様と出会っていたのなら何のためらいも無く
岐阜県へ飛んでいたでしょう。
しかし、親に愛娘を託してでも、学びにいこうかと真剣に悩んでいます。

親としての責任感、愛する我が子との別居生活、置いていかれた我が子の気持ちを考えると立ち止まってしまいます。

田口様が私の立場ならどんな考えをされるのでしょうか。
どうか、厳しいお言葉を頂きたく思います。


心から応援しております。






Comment by chi-chan @ 2008/03/04 5:48 PM
コメントする









トラックバック