<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

【お詫び】賞味期限の印字間違いについて

いつも新杵堂グループをご愛顧戴きまして誠にありがとうございます。
代表の田口和寿(たぐちかずひさ)でございます。

広報チームからプレスリリースさせていただきましたとうりこのたび弊社本社工場内配送センターにて印字ミスが発生したしました。
楽しみにして戴いていた皆様にご心配ご迷惑をおかけし誠に申し訳ありませんでした。

お客様そして関係者皆様そしてY!ショッピング関係者皆様に重ねて多大なる失礼をしてしまう事態となりました。
また本来であればお客様すべてに謝罪させて戴くべきところこういった形となり重ねてお詫び申し上げます。

今回の『賞味期限の印字間違いについて』も、最高責任者である私の管理責任でございます。
ご迷惑をおかけしましたお客様皆様についても私が先頭に立ち責任ある対応をしてまいります。

今後は弊社内部にある管理本部の管理本部長北村を中心に、外部機関会社様にもご協力戴き妥協なき聖域なき改善を徹底してまいる覚悟です。
お客様そして関係者皆様のご信用を回復できるよう社員たちと一丸となって取り組んでまいります。

今後ともなにとぞよろしくお願いいたします。

※【お詫び】賞味期限の印字間違いについて
https://www.facebook.com/shinkinedogrouppublicrelations/

JUGEMテーマ:ビジネス

新杵堂グループ 田口和寿 * 新杵堂のビジネス * 18:05 * comments(0) * trackbacks(0)

美しいお菓子の定義

昨日ある場面で私の『美しいお菓子』の定義を否定されたんです。
なぜ?考えていると深夜になり深考し出したら眠れず朝を迎える。

私の美しいお菓子の定義とは
『決められたスタイルではなく会社組織の仲間それぞれが絶対的な技術と創造性と役割責任を果たしながら創り上げ、お客様そしてすべての皆様から賛辞を受けるお菓子』であります。

この定義は歳や経験を重ねるごとに変化している。
変化し続けなければならないとも考えています。
もし変化させられないのであれば私の存在価値はないと危機感を抱いています。
つまりお客様にご評価戴けるに値するお菓子でなければ意味がいという結論になる。

しかし、現在の私は何も出来ていない。
唯一言えるのは
『一生をかけて取り組める壮大な課題を考える時間・機会を戴いている事』が
幸せであり感謝しかない。

しかしその時間=私の人生は有限であり残り少ししかない。
朝から幹部全員と私の想いについて徹底的に議論をした。

その一つには私全員から反対され論破され厳しい指摘を受ける場面もあった。
けれども一つづつ話し合い合意してみんなで進める意思統一が出来たと考えています。

何も出来ていない今は空論にすぎないけれども
創造を超える大きな壁を乗り越えるべく今からあらためて仲間たちと一緒に進んでゆく
方向性が明確にすることができて高揚しています。


皆様にご指導やお力添えを戴きながら
仲間たちと一緒になって
今は何も達成できていない壮大な経営理念や定義の実現に向けて生きてゆく。

ありがとうございます、今後ともよろしくおねがいいたします。

 
新杵堂グループ 田口和寿 * 新杵堂のビジネス * 12:56 * comments(0) * trackbacks(0)

今こそ彼女たちの声を大切しなくちゃいかん


本日、後輩にうどん屋さんに連れて行ってもらった
私の大好物であるのでもちろん美味しかった

うどん最高!

私が常連のうどん屋さんといえば
怖そうな大将がコダワリで作って・・・というのが定番だが
まったく違っていた

 ・職場は女性ばかりで皆が楽しそうに働いている
 ・お客様目線にたったやさしさが随所にありシステム化されている
 ・重労働なポイントが機械され女性に優しい職場作りになっている
 ・店長もフロアマネージャーもすべて女性が兼務されている
 ・効率化されているがゆえに収益力が高く自給も高い
 ・そして、安くて!美味しくて!早い!

弊社も女性が圧倒的に多い
いや、彼女たちなしでは到底・・・なりたたない(笑)

彼女たちの職場環境やヤリガイを
今こそ見直さなければいけない

そんなことばかり考えて食べたいたら
卵うどんと天ぷらうどんを完食(笑)

彼女たちにそういった瞬間を提供できたときに
一歩前に進めるはずである


今日もいい時間を過ごさせて戴いた後輩に感謝・・・。

 

 
新杵堂グループ 田口和寿 * 新杵堂のビジネス * 02:11 * comments(0) * trackbacks(0)

やめる決断と間髪いれず次の一手へ踏み出す

わが新杵堂グループは創業昭和23年より伝統を継承しつつ
革新的ないろんな挑戦をさせて戴いている

なんていいますと聞こえはいいが
失敗を数知れずしています
致命傷になりかけたことも数多くあります

伝統を継承し
成長し続けていくためには
いまの挑戦を
し続けなければいけないという
危機感が年々膨らんでいます

安心安全第一という経営理念を基盤に
仲間とともにこれからも挑戦しつけていきます

今後も新杵堂グループにご期待ください


実は昨日
ある事案について完全撤退を決断し
各部門長に伝えました

3年ほどやってきた事業なので
寂しさはあるが
いろんな要素を考慮し
決断しました

決して結果が出ていなかったわけではないが
私の独断で決断しました

本日より
関係各社様には
私から
決断の経緯とお詫びを
お伝えに回ります

そして
間髪をいれず
新しい事案に
挑戦します

10/01スタートです
めちゃくちゃかもしれません

でも
ママや
お子様に
直接リーチでき
喜んでもらえる

最高の相手と
アライアンスを
させて戴きます



大きな風呂敷を
かっこうつけて
広げましたが
一旦たたみます

でも
また
広げます(笑)



 

 
新杵堂グループ 田口和寿 * 新杵堂のビジネス * 07:24 * comments(0) * trackbacks(0)

忘れてはいけないこと〜食堂で想う

明日が人生の最後だったらって思うと
やらなくちゃいけないことがたくさん想いつく

けれど

明日も今日と同じように
時間が来る
大切なあのひともそばにいる
そんな日常かもしれないことが
突然、なくなることがある

生まれたときからお世話になっていて
40年以上経過した今でも大好きな食堂がある

 ●何十年も変わらぬ味を提供し続ける
 ●なんどきでも笑顔で話す
 ●他人の陰口を言わない
 ●1秒でも待たせたらお待たせしましたと言う
 ●挨拶やありがとうっを心込めて全員で言う
 ●横断的に誰かが笑顔でサポート
 ●常に謙虚
 ●常に清潔を心がけて常に掃除をし続けている

あげればきりがない。。。見習うべきな点がある

有限である時間を
残された時間を
どのように使うのか?

私には
重要なテーマ

まず
カウンターに座り
中華そばを味わいながら
おじちゃん
おばちゃん
兄さん
じっくり拝見させていただく

そうしていると
私ができていない点や
軌道修正しなければいけない点
など
多くを勉強させて戴いている
これからも。

経営講習会なるものには参加しなくても
この食堂では
忘れてはいけないもんを
痛感させてくれる

私とってなくてはならないお店です
これからもよろしくお願いします








新杵堂グループ 田口和寿 * 新杵堂のビジネス * 17:14 * comments(0) * trackbacks(0)

東京駅グランスタでの販売が始まります

GRANSTA(グランスタ〜東京駅エキナカ/TOKYO STATION CITY)
http://gransta.jp/

遂に、9月1日(木)から
新杵堂がもっとも注力する主力業態である
『栗菓子専門店 新杵堂』にて
出店販売させて頂きます

世界最高峰の立地で
私どもがどんな事がさせていただけるか?

事業統括部担当役員
事業統括部本部長をはじめ
営業チーム全力で
取り組みさせていただきます

お客様にお喜びいただけますように。

また同時多発的に
JR三鷹駅での販売も開始になります

お近くにお越しの際には
ぜひお立ち寄りいただけましたら幸いです


新杵堂グループ 田口和寿 * 新杵堂のビジネス * 19:54 * comments(0) * trackbacks(0)

挑戦

やると決めたのさ!
でも
不安がないはずもなく。

こんな時こそ
みんなで
やる気を
集結させて
イコウデハナイカ。

みんなで。


何を?・・・ざわざわざわぁ。



新杵堂グループ 田口和寿 * 新杵堂のビジネス * 15:56 * comments(0) * trackbacks(0)

最高の贅沢

どうしてもどうやってもうまくいかず先輩の家に飛び込んだ
アニキと呼ばせていただいている私の尊敬する先輩

数時間ずっと話していこうと思っていたら

アニキが怖い顔して

『なんやぁ?
 そんなん俺が全部取り仕切ってやるよ。。。 けど、俺が信用できるか?』

もちろんです・・・。

『終わりでいいか?メシがまずくなるからさぁ。』

・・・(泣)



最高の仲間と食べる食事は最高の贅沢だった・・・奥様に感謝



アニキが私にしてくれたように
我が社の社員のみなさまにも
何か恩返しできるようにしなって思う




よっし、突撃。

   
新杵堂グループ 田口和寿 * 新杵堂のビジネス * 03:16 * comments(0) * trackbacks(0)

うまくいかないこと

新しい挑戦をする時
マター自体でなく
組織の秩序や社内ルールにが
大きな壁になる場合が多い

そんな時こそ
屈しないで
変人扱いされても白い目で見られようとも
仲間を論破する強引さも
必要じゃないんじゃないかなって
思う

私の力不足で
うまくいっていない案件が
山のようにある

すべて
わたしの責任

すべて私が承認し
進んでいる案件であるからね

もちろん
コストだって
発生している

あれ
これ
それって
考えていると
朝方になっていることも
よくあるしね。

挑戦しなければ
失敗しないから
楽かもしれない

けれど
我が社は
挑戦なしで
生きていただけるレベルにない

まだまだ
相当な努力が必要

うまくいかないことが多いから
新しい挑戦していく過程で
言葉にはできない何かを
感じられるようになった瞬間に
そっと上を
見上げると
叡知のヒカリが
輝いているのが
うっすら見える時が
ある


うまくいかないことは
多いけれども
逃げないで
仲間とともに
やっていく

ずっと。






夜は
大勢のみなさんが集まってくれて
お子様も15人くらい?いたのかな?

ひっちゃかめっちゃかやったね。 
少しばかりの破壊もあったし(笑)

でも
純粋な子供たちと
戯れる数時間で
気分爽快





ほっ。
新杵堂グループ 田口和寿 * 新杵堂のビジネス * 02:54 * comments(0) * trackbacks(0)

仲間と交わした夢という名の約束を守るということ

私が
やるんだと決めたことに対して
仲間から
反対意見が出てくる事があります

そんなときは
私が情熱を持って
絶対にやれるんんだということを
仲間に伝えていく

どんな事があっても
逃げないで
伝えていく

そして
志が共有できれば
仲間とともに
確信してやる

やれるまでやる

何が何でも
どんな事態になっても
やる

という
意気込みでやる


仲間と交わした夢という名の約束を
守るということというのは
私にとって大事なことであるので
譲れないんです


やりきる。

新杵堂グループ 田口和寿 * 新杵堂のビジネス * 11:40 * comments(0) * trackbacks(0)